Information お知らせ

2022.03.17

オーナー様向け|賃貸物件の空室対策とは?効果的な方法について解説!

今回は賃貸物件の空室対策についてご紹介します。
 

効果的な空室対策とは?

空室対策としてよく聞くのは「家賃を下げること」ですが、あまり行いたくないオーナー様も多いのではないでしょうか。家賃を下げず、またコストをなるべくかけずにできる効果的な空室対策を、募集の際、内見の際、設備を揃える際などの側面から5つご紹介します。
 
募集の際にできること
①ターゲットを見直す
②募集資料を見直す
 
内見の際にできること
③共用部をきれいにする
④室内を整える
 
設備整備の際にできること
⑤新しい設備を導入する
以下で詳しく見ていきましょう。
 
 

株式会社雅-miyabi-では千葉県船橋市を中心に、
「空室で困っている」など、賃貸管理に関するお悩みの解決をサポートさせていただきます。賃貸管理でお悩みの方はぜひ一度弊社へご連絡ください。
 
また、
原状回復工事、退去立会代行、不用品回収・遺品整理、入居者修繕、リノベーション工事、ビルメンテナンス工事、賃貸管理など、
賃貸建物に特化した総合的なサポートにて、
管理会社様・オーナー様のお困り事に幅広く対応しております!
施工実績年間1000件以上の株式会社雅にお任せください!
 
弊社のサービスへのお問合せはこちらから!
 
 

募集の際にできること

①ターゲットを見直す

近年、物件が溢れており競合と同じような物件だと入居者もなかなか集まりません。他の物件と差別化を図るというのがとても重要になってきます。具体的な方法として、ペット可の物件や高齢者、外国人労働者などの入居も可にすることで差別化を図ることができます。この方法はコストをかけずに入居者の幅を広げることができるので効果的な方法と言えるでしょう。

②募集資料を見直す

部屋探しをしている人が見るのは、検索サイトなどに掲載されている情報です。そこに掲載されている文章や写真を参考にし、内見に行くかどうかを決めるため掲載情報はとても重要です。
掲載情報が古かったり、写真が分かりにくかったりすると物件の魅力を発揮することができません。入居者の立場に立って、見直しをしてみることが大切です。
 

内見の際にできること

③共用部を綺麗にする

内見をした際の物件の印象はどうでしょうか。内見では部屋だけでなく共用部なども見られます。ゴミ置き場やエントランスなども清掃を行い綺麗にしておきましょう。

④室内を整える

内見時に部屋が綺麗であることも大切です。スリッパを用意しておくことや、ウェルカムボードなどを用意しておくだけでも気持ちよく内見できるようになるためおすすめです。
 

設備整備の際にできること

⑤新しい設備を導入する

近年、宅配ボックスやWi-Fi無料などの設備のある物件が人気を集めています。物件を探す際に希望する設備にチェックを入れて検索するため、部屋数や立地などの条件が当てはまっていたとしてもそういった設備がないだけで表示されなくなります。
コストは少しかかりますが、ターゲットの年齢層なども考慮し新しい設備を導入することも一つの空室対策になります。
 
 

いかがだったでしょうか。
家賃を下げることを行いたくないオーナー様も多いですが、時にはその方法が一番効果的なこともあります。同じ家賃を維持し続けるより、近隣住宅の家賃相場なども把握・考慮した上で設定するようにしましょう。
空室対策の注意点について別の記事でご紹介しますのでぜひそちらもチェックしてみてくださいね。
 

株式会社雅-miyabi-では千葉県船橋市を中心に、
「空室で困っている」など、賃貸管理に関するお悩みの解決をサポートさせていただきます。賃貸管理でお悩みの方はぜひ一度弊社へご連絡ください。
 
空室対策でお悩みの方はこちら!
 
また、
原状回復工事、退去立会代行、不用品回収・遺品整理、入居者修繕、リノベーション工事、ビルメンテナンス工事、賃貸管理など、
賃貸建物に特化した総合的なサポートにて、
管理会社様・オーナー様のお困り事に幅広く対応しております!
施工実績年間1000件以上の株式会社雅にお任せください!
 
弊社のサービスへのお問合せはこちらから!