Information お知らせ

2022.04.14

【大規模修繕】現場代理人ってなに?現場代理人の役割や求められるスキルについて解説!

今回は大規模修繕における「現場管理人」の役割やスキルについて解説します。
 
株式会社雅では千葉県船橋市を中心に、
原状回復工事、退去立会代行、不用品回収・遺品整理、入居者修繕、リノベーション工事、ビルメンテナンス工事、賃貸管理など、
賃貸建物に特化した総合的なサポートにて、
管理会社様・オーナー様のお困り事に幅広く対応しております!
施工実績年間1000件以上の株式会社雅にお任せください!
お問い合わせはこちらから!
 
 

現場代理人とは?

現場代理人とは、建築現場の「司令塔」のことを指します。建設業者の代理人として、工事現場に常駐し請負契約の通りに工事が行われているかどうかを監督するという役割があります。
現場代理人は施工上必要になる安全管理や工程管理なども行い、内容の変更など予期せぬ事態が起こった場合でもすぐに対処できるよう、管理や監督をする立場です。
 
現場代理人を工事現場に常駐させることは建築業法で義務付けられているものではありませんが、近年では請負契約の条件として現場代理人の設置が条件となっていることが多いです。
 

現場代理人の管理対象とは?主任技術者となにが違うの?

現場代理人は「請負契約の適切な遂行を管理する」ことが役割となっています。
現場代理人とよく似ていると言われる「主任技術者」は「工事にまつわる技術的な管理を行う」ことが役割のため管理する対象が違います。
建設業法において主任技術者は資格が必要になります。しかし現場代理人の場合、資格は不要であり常駐義務もありません。
 

現場代理人に必要なスキルとは?

現場代理人は資格が不要ですが、工事全般の経験や正しい知識が要求されるため非常に重要な役割を担っています。
また請け負う建設会社の代理として工事全般の責任を負う立場のため、現場代理人だけが持つ権限として、「請負代金額の変更や請求、受領」などのお金に関することがあります。
このことから現場代理人が主任技術者よりも立場が上として配置されることもあります。
 
いかがだったでしょうか。
現場代理人は資格は不要であるものの、工事全般を管理・監督するという重要な役割を担っているため、建設会社や工事に対し十分な知識や経験がないとつとめることは難しいと言えます。
さらに大規模修繕の場合、規模も大きく期間も長いため途中で予期せぬトラブルが起こることも珍しくありません。そういった際に、冷静に対処できるスキルを持っておくと安心です。
 
株式会社雅では千葉県船橋市を中心に、
原状回復工事、退去立会代行、不用品回収・遺品整理、入居者修繕、リノベーション工事、ビルメンテナンス工事、賃貸管理など、
賃貸建物に特化した総合的なサポートにて、
管理会社様・オーナー様のお困り事に幅広く対応しております!
施工実績年間1000件以上の株式会社雅にお任せください!
お問い合わせはこちらから!